365日BLが好き!

BL漫画の感想、レビューブログ(ネタバレ有)。年下攻め・おじさん受け好き。BLが尊い。

『目を閉じても光は見えるよ』レビュー!まるで一本の映画をみているよう…エロだけじゃない記憶に残るBL|丸木戸マキ著

Pocket

スポンサーリンク

『目を閉じても光は見えるよ』

体の隅々まで俺たちはその形や味を知り尽くしていたが、体以外はなんにも知らないのだった――…

エロ度:
満足度・オススメ度:

ゲイビ男優2人の話という事で、1P目からエロシーンから始まりますがこの作品のテーマはエロではありません。

恋愛やBLの枠を超えてひとつの人生を考えさせられる。
そんな味わい深い作品でした。

エロだけではないBLを読みたい方におすすめの1冊!

★Renta!なら100円で読める!試し読みもあり★

↓ ↓ ↓

BLコミック続々入荷中!オンラインコミックを100円レンタル、Renta!


スポンサーリンク

あらすじ

体の隅々まで俺たちはその形や味を知り尽くしていたが、体以外はなんにも知らないのだった――…

人気AV男優の仁(じん)はある日、ゲイビ出演の話を持ちかけられた。そこで出会ったネコ男優の光(ひかる)と体の相性がよかったため、ふたりはバディを組み、頻繁に共演することになる。仁と光のバディは人気を集め、順調に売れていたが、実際は仕事上の体の関係だけでお互いのプライベートのことは全く知らなかった。しかしある時、ふたりは同じマンションに住んでいることが判明し…。フィクションの中から生まれる、ノンフィクションの愛を描いた感動作。光の過去を描いた、丸木戸マキデビュー作「水曜の朝、午前3時30分」も収録!

BLというよりも人生ドラマをみているよう…

エロ度:
満足度・オススメ度:

丸木戸マキさんって一筋縄でいかないBLをかかれますよね…。軽い「恋」より重い「愛」というか…。
でもそこがたまらない!

扱うテーマが重めなので、ウキウキ♪と読める内容ではありませんが、心地よい余韻が残る味わい深い作品でした。

AV男優仁(攻)×ゲイビ男優光(受)は同じレーベルのバディであり、体の隅々まで知り尽くした仲なのに、体以外の事は何も知らない。
2人は、光が巻き込まれたストーカー事件をきっかけに仲良くなり、じょじょに距離を縮めていく。

仁と光はそれぞれ過去を持っていて、お互い関わり合うことによって過去から脱却し成長してゆきます。

特に光の過去は重く、発覚した後、自らレーベルを去ってしまう。

男としてはゴミカス」とマリ子さんから評された仁さんですが、光の手を離さず過去と対峙する機会を与えます。(エライ!)

光「どうして仁さんはおれのためにここまでしてくれたの」

仁「俺にとってお前はすごく大切な奴だからだよ」「俺は…その中でも1番になりたかったんだよな」

ここは、もう愛なんですよね。。
この後のゲイビ仕事以外で初めて抱き合うの。。すごい良かったです。。

題材が重いのですんなりと読める内容ではありませんが、何度も読み返したい記憶に残る1冊です。

エロだけではないBLを読みたい方におすすめの1冊!

★Renta!なら100円で読める!試し読みもあり★

↓ ↓ ↓

BLコミック続々入荷中!オンラインコミックを100円レンタル、Renta!

その他オススメ作品

『目を閉じても光は見えるよ』がお好きなら『インディゴの気分』もオススメ!

スポンサーリンク


   

 - BL漫画, 丸木戸マキ ,