365日BLが好き!

BL漫画の感想、レビューブログ(ネタバレ有)。年下攻め・おじさん受け好き。BLが尊い。

『胸にとげさすことばかり 上 』レビュー!父の遺産は家と男の恋人?ツイてない息子とのおかしな同居生活|雁須磨子著

Pocket

スポンサーリンク

『胸にとげさすことばかり 上 』

「この家だよ ここは俺が先生から貰ったんだ」

エロ度:
満足度・オススメ度:

雁須磨子さんの描く人たちはみんなどこか歪で不器用で、だから人間くさくて不思議な魅力にあふれてます。
本作も、タイトル『胸にとげさすことばかり』の通り、順風満帆ではないこじれた人たちに焦点をあてた物語。

とことんツイてない日に、父親が死んだと連絡を受けた昭。
葬儀のため10年ぶりに帰った田舎で昭を待っていたのは、父親の恋人(♂)だった!?

味わい深いストーリーものや、イケメン好きなら激推しの1冊!

★下巻も同時発売★

★Renta!なら100円で読める!試し読みもあり★

↓ ↓ ↓

BLコミック続々入荷中!オンラインコミックを100円レンタル、Renta!


スポンサーリンク

あらすじ

父親が遺したものは、借金と男だった──

運悪く派遣の契約を切られ、
運悪く恋人にふられ、
運悪く痴漢と間違われた日、
──父親が死んだと連絡があった。
葬儀のため十年ぶりに帰った故郷で、日夏 昭(かくれゲイ)を待っていたのは、
堅物な教師だった父親の恋人(♂)だった!?

不器用とか空回りとか情けない感情を描くのがお上手…!

エロ度:
満足度・オススメ度:

大好きな雁須磨子先生の新刊!!
上下巻同時発売でしたが、待たずに完結したお話を読めるのでありがたいですね~。

私は20年以上前に雁須磨子さんの漫画に初めて出会ってからず~っと好きです!独特の空気感や間が心地良い!
初めて読んだのは、自衛隊を舞台にした『どいつもこいつも』でした。(BLじゃないが、単行本を実家に。愛蔵版を手元にもってるほどスキー)
それまでに読んできた漫画とは一味も二味も違っていて、うまく言葉にできない、どうしようもない気持ちを描かれるのが上手な稀有な漫画家さんだなぁと思っています。
長い間商業誌で描き続けてらっしゃるのもすごいな~と思うのですが、平行して同人活動もなさっているところが更にすごい。
本当に漫画が好きなんだなぁ~(´◡`)と愛おしいまなざしでこの方の作品を読んでいます。

胸にとげさすことばかり』は上下巻通してエロは少ないですが、とても味わい深い作品になっています。

かくれゲイだった昭は父親との確執で実家には10年戻っていなかった 29才男子。
派遣を切られ仕事をなくし、恋人にふられ、痴漢に間違えられた日に、父親が死んだと連絡が入る。

昭さんツイてないよね…!

遺品整理の際にカメラに写っていた父親と息子ほどの年の離れたイケメンの笑顔を見つけてしまう。(好み…)
このイケメンは家に下宿させていた久留米舟という。話を聞くうちに一つの疑問が「下宿していたのに葬儀にも来ないって…もしかして…親父の恋人…?

気になった昭は形見分けを理由に舟を家に呼ぶが、舟はこらえきれずに大粒の涙を流し号泣し…。なぐさめようと肩を抱いた昭を舟は突き飛ばし

 

舟「調子にのってんなよ このどグサレが」

 

はい、序盤で一番イイシーンきました!

しんみりしていた空気がビーンと張り詰める口汚い罵り言葉ww
雁須磨子先生は品行方正そうな人に汚い言葉言わせるの好きですよねw ギャップ萌えw

「先生をほっぽらかしてずーっと音沙汰なかったおまえが」「どのツラさげて」と罵る舟に対して静かに応戦する昭と、第一印象は最悪の2人。
敬愛している先生をないがしろにしていた放蕩息子と、父親のツバメ風情が!というイメージなんだろうな。お互い。

挙句、この家は先生から俺がもらったんだという舟に対して、結局1万円で家を売ってしまう。
直後、昭の東京での家が火事発生 & 火災保険がきれていて保険がおりないハプニング!

ツイてない!昭さんとことんツイてない!!
でもこのおかげで舟とあの家での同居することに。

 

昭「…降って湧いたイケメンとの同居生活!!」

 

ツイてる!?逆にツイてるの!?

ここまでが主人公の荒ぶった感情のピーク。矢継ぎ早にさまざまなことが起き、わちゃわちゃしていたがここから感情の整理と考察、そして話が展開していきます。

舟は結局父親の恋人だったの?
ゲイだった息子をないがしろにしてたのはなんだったの?

時折悶々とする昭だが、落ち着いて舟と接し、日常を過ごすうちに徐々に距離をつめていく2人。
最初好戦的だった2人ですが、お互いを気遣い生活を共にする事で癒されているようにも見える。

新しい登場人物、舟の教え子阿部も出てきて、あやふやなどっちつかずの2人の気持ちが動きそうな予感!という所で2巻につづきます。

上巻表紙折り返し部分の作者コメント「登場人物では椿山君が一番好きです。」の言葉には「わかりますー!」とニヤニヤ。
椿山君のような、公平で飄々とした友達が近くにいるってだけで救われますよね。
この物語でもいい緩衝材と味わいを醸し出してますw

味わい深いストーリーものや、イケメン好きなら激推しの1冊!

★下巻も同時発売★

★Renta!なら100円で読める!試し読みもあり★

↓ ↓ ↓

BLコミック続々入荷中!オンラインコミックを100円レンタル、Renta!

その他オススメ作品

『胸にとげさすことばかり』がお好きなら『オロチの恋』『のはらのはらの』『こめかみひょうひょう』もオススメ!

スポンサーリンク


   

 - BL漫画, 雁須磨子 ,